丹波・亀岡の農産物 新鮮、安心、おいしいをお届けします。

京都 丹波・亀岡から新鮮な農作物を、産地直送でお届けするショッピングサイトです。
皆様に安心でおいしい食材をお届けします。

丹波地域とは

京都市の西部にある地域です。一口に丹波といいましても、亀岡盆地を中心とする口丹波、福知山盆地を中心とする中丹、兵庫県の篠山盆地を中心とする地域と大きく三つの地域に分けられます。
その中でも亀岡は京都市に隣接しており、また京都府の農産物の1/10を生産する地域でもあります。京都の台所を支えている地域です。観光では「湯の花温泉」「保津川くだり」などが有名です。歴史上では、足利尊氏が挙兵した場所であり、また明智光秀が本能寺の変を起こした場所でもあります。

おいしいお米が育つ

おいしい米が育つ3つの条件、

1. 水がきれい
2. 昼夜の温度差が大きい
3. 霧が深い
を満たしております。

当サイトでの米がとれる地域は和菓子の材料のなかで最上位に位置する『馬路大納言』が取れる地域に隣接しています。 このような好条件がそろった場所で出来た「米」だからおいしさには自信があります。

丹波の食べ物

『丹波』と名のつく食べ物は、「丹波栗」「丹波まつたけ」「丹波の黒豆」「丹波大納言(小豆)」などがあります。
また桂川の上流になる保津川の「鮎」も名が通っています。
最近ではタカノツメの30倍も辛さのある「ハバネロ」などもつくられています。

また「亀岡牛」もブランド価値を高めています。流通量が少ないので全国的には知られていないと思いますが、地元では認知度は高いです。値段も高いです。
だからなかなか食する機会がありません。(笑)

質のいい牛肉を審査する「第56回近畿東海北陸連合肉牛共進会」が2009年11月19日に開かれ、
亀岡市河原林町の八木さんの「亀岡牛」が最優秀賞の農林水産大臣賞を受賞しました。

丹波・亀岡地域の背景

亀岡市は旧丹波国の最南丹に位置し、京の都に隣接した、旧丹波国の中では人口は最多の旧丹波国内の中心都市でしたが、現在では京都・大阪の衛星都市の側面を持つようになりました。

亀岡盆地は太古には大きな湖であり、事実、湖だったことを示す地層も明らかになっています。
亀岡盆地の中央を大堰川(おおいがわ)・保津川(ほづがわ)[桂川]が流れており、豊富な水源をもっています。
気候は内陸性気候、晩秋から早春にかけて亀岡盆地名物の深い霧(「霧の都 亀岡」とも言われる所以)が発生し、霧の規模は全国的に有名で、最大、正午過ぎまで晴れないことも多いです。

以上のような、地理・歴史的背景から現在、農産物の生産高は京都府で一番の地域です。

商品一覧はこちら
初めてのお客様
このサイトについて
京都 丹波・亀岡産のお米や野菜を産地直送でお届けいたします。 新規会員登録する